気管支炎の基礎知識について

・気管支炎とはどんな病気?・
気管支炎とは一般的に微生物の感染によって気管支粘膜に炎症が起こり、咳や痰、発熱を主症状とする病気の総称です。その種類は細かく分けるとたくさんあり、原因や症状も少しずつ違ってきます。勃起不全ED対策なかでも多いのは、かぜやインフルエンザなどのウイルス感染による急性気管支炎です。かぜをひいたあとに咳や痰がしばらく続くということが多いので、発熱を伴うこともあります。慢性気管支炎では数週間から数カ月の間にわたって症状が続きますが、発熱は続きません。もし発熱を伴う咳や痰が長期間続いているのであれば、他の疾患にかかっている可能性があります。慢性気管支炎は長年タバコを吸っている方に起きやすい病気で、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の中に含まれています。どちらも気管支炎という診断名ですが、原因が大きく異なるので治療もまた違ってきます。精力剤購入ですが、気管支に刺激が加わると咳や痰の発作が起きるのは同じです。

急性気管支炎とは?
ウイルス感染がほとんどの原因で気管支に炎症が起こる病気です。かぜやインフルエンザなどと合併することがあり、主な症状は咳や痰ですが、発熱が見られることもあります。ウイルス以外ではマイコプラズマやクラミジアが原因で起こりますが細菌感染はまれだと言われています。ペニス増大情報その原因からも分かるように、かぜやインフルエンザにかかる方なら誰でも気管支炎になる可能性があります。とてもありふれた病気です。

慢性気管支炎とは?
慢性気管支炎は数週間から数カ月に及び、咳や痰の症状が続く状態のことを言います。主な原因は喫煙ですが、そのほか百日咳、抗酸菌や緑膿菌などの感染症以外に、副鼻腔気管支症候群、びまん性汎細気管支炎などの疾患が原因となっていることもあります。慢性気管支炎は「慢性肺気腫」とともにCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に含まれ、肺炎や呼吸不全を起こしやすくなると言われています。WHO(世界保健機構)では死因の第4位に挙がっており、タバコが原因と考えられていることから「肺の生活習慣病」とも呼ばれています。

・気管支炎の症状チェック・
1.咳が続く
気管支炎の最大の特徴は「激しい咳が長い期間続く」ということです。慢性気管支炎の場合は、咳が3ヶ月以上続きます。急性気管支炎であっても激しい咳が続きます。通常風邪をひいた場合、症状の進行とともにやがて咳は治まり別の症状が出たり治ったりするものですが、急性気管支炎の場合はしつこいくらいに激しい咳が出ます。また「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘鳴(ぜんめい)が聞こえる場合もあります。

2.痰が出る
咳と併発するのが痰です。気管支炎は痰が絡む咳が続き、放置していると気管に痰が詰まりやすくなり、呼吸困難に陥る場合もあります。そもそも痰は気管にある異物を排除するために発生する物で、これを体外には排出するために咳が出ます。痰が出ると言うことは、体内の免疫機能が正常に働いている証拠なので、痰を抑制しようとするよりは、積極的に促すことで治癒を早めようとする治療方法がとられます。

3.発熱がある
急性気管支炎の場合、発熱を伴う場合があります。必ずしも発熱するというわけではありませんが、40℃近くまで発熱することもあります。特に小さな子供に発熱は多く見られます。

4.胸が痛む
咳や痰の症状が原因となって胸が痛む場合があります。激しい咳が続くと人によっては肋骨を疲労骨折する場合もあります。原因は咳なので、咳の症状が治まると胸の痛みも治ります。ただし疲労骨折を起こしている場合は、気管支炎の完治後もしばらく痛みが続きます。

・治らない気管支炎の本当の原因とは・
ちょっと風邪をひいたらしく、咳が出るようになったため市販の風邪薬を飲んでしばらく様子を見ることにしたんです。ところがそれから1週間たっても2週間たっても咳の症状が治らないままで、それどころか徐々に咳や痰の症状がひどくなっているようでした。やむをえず仕事を早引けして病院にいってみたところ、肺炎という診断結果がでてしまいました。自分としては気管支炎を少しこじらせたぐらいだろうと考えていたので、そこまで悪化してしまっていたとは驚きでした。40代でまだまだ体力もあるし、そんな病気にはかからないだろうと過信していたらこの有り様です。幸い入院するほどの重い症状ではなかったため、通院して抗生物質を投与しての治療になるそうです。気管支炎は普通1周間もすれば症状が改善するのに、それを過ぎても治らない時点で病院に来るべきだったと医師に指摘されました。本当にその通りで判断が甘かったと反省しています。今度からは気管支炎だからと軽く考えないで、すぐに病院で診断を受けるようにしようと思いました。

>>アリ王(ANTKING)は日本国内で人気アップの海外超強力媚薬です。フランスのargasmiaという天然原料を採用して、効果表現と安全性はステキです。

>>本サイトでは早漏予防・防止対策や克服方法など、早漏の治し方を紹介します!早めに早漏防止の治療をすることでより良い生活が送れます。