気管支炎の予防方法の情報

本文は気管支炎の予防方法についてご紹介します。

気管支炎の予防方法まずは食事のことです。ビタミンAには粘液を増やして、ウイルスの侵入口であるのどや鼻の粘膜の表面をきれいにしてくれる働きがあります。ビタミンCは免疫を維持するはたらきがあり、外部から入ってきたウイルスなどから体を守ります。

食べてはいけない食べ物は特にありませんが、避けた方が良い食べ物はあります。食べる時に湯気を吸い込んでしまい、咳の誘発を招く場合があります。また、刺激性の食べ物も避けた方が良いとされます。例えば、ポン酢、マスタードなどの香辛料が入っているものは、摂取する際に吸い込む恐れがあります。

日ごろから感染気管支炎の予防をすることが大切です。うがい・手洗いは基本中の基本です。他にも、規則正しい生活・バランスの良い食事・充分な睡眠を心がけ、抵抗力を落とさないようにしましょう。飲酒もタバコも極力、節制してください。

なので、菌を侵入させないようにするのに、マスクの着用は重要だとされています。しかもマスクをすることで、体温を上げることができ、保湿効果もあるので、予防には良いとされています。マスクの外側には、菌がついている可能性が高いとされるので、一度使ったマスクは、なるべく早めに交換した方がよいとされています。

また、気管支炎という病気自体には予防接種はありませんが、病気を予防することで防げる可能性が高くなります。気管支炎の原因となりやすいインフルエンザに関しては、予防接種がありますので、毎年受けて、できるだけ防ぐようにしたいです。