気管支炎の治療の詳細情報

気管支炎は大変な病気なので、気管支炎の治療方法についてをご紹介します。

刺激物による急性気管支炎の治療では対処療法となり、咳や痰には咳止めや痰を出やすくする治療薬が処方されますが、原因となっている刺激物を除去することが重要になります。

気管支炎の治療をまとめると、原因とされるアレルゲンや刺激物を除去して、薬などを服用しながら気管支の炎症をいかに悪化させないように治めるかがポイントとなります。

気管支炎の治療方法としては、咳が強く出る場合には鎮咳薬が処方され、痰が絡む場合には去痰薬など、症状に応じて緩和できる治療薬が用いられます。

咳をしずめる「鎮咳薬」、痰を切りやすくする「去痰薬」などが主に処方されますが、咳がひどい場合には「気管支拡張薬」も追加されることがあります。もしインフルエンザが原因と判明した場合には、イナビルやタミフルなどの抗インフルエンザ治療薬が処方され、発症から48 時間以内に使用できると効果があると言われています。

気管支炎の治療もっとも辛い症状の咳を楽にするお治療薬です。ただ、咳と言うのはウイルスなどの異物や痰を体の外に追い出すための自己防衛反応でもあるため、完全に止めてしまうことは治りを返って遅くしてしまうこともあります。

診察を行う際には、咳の強さ・喀痰の量・性状のみならず、筋肉痛などの全身状態を見極めた薬物療法などが用いられ、ウイルス以外となる病原菌などが疑われる場合には 抗菌薬を処方するケースも挙げられていますし、耳鼻咽喉科ではスチームによる治療で粘膜の保護を行うことも一般化されています。